バルクオムの化粧水「THE TONER」の正しい使い方解説!

お肌の悩みは男女共通と言えますが、女性に比べ男性はスキンケアについて良く知らないことも多い気がします。

最近は、男性コスメも増えお肌のお手入れに興味を持ちだした方も多いでしょう。

女性が異性を見る上で重視する清潔感、お肌の状態一つで大きく印象を変えてしまうのが現実です。男性の為にこだわり抜いて作られたというバルクオムですが、その化粧水の使い方について正しい知識を身に着けていってほしいと思います。

バルクオム化粧水の正しい使い方を知ろう!

実際にバルクオムの化粧水を使うにあたって、どのタイミングで使うの?適量は?
など素朴な疑問について解説していきたいと思います。

間違った使い方をしていると、優秀な化粧水であろうと効果を実感できません。
そこで今更人には聞きにくい、化粧水のつけ方についてわかりやすくまとめてみました。

化粧水はどのタイミングでつける?

つけるタイミングは、洗顔後の綺麗な肌。つまり入浴後・洗顔後すぐ!

入浴後にタオルでそっと抑えるように水気をとります。水気をとったら、すぐに化粧水を手に取りつけていきます。

入浴後なら、すぐつけられるようにお風呂場のそばに持ってきておくとよいでしょう。

化粧水の適量と使い方について

まず、最初に化粧水は手で?それともコットンでつけたほうがいいのか?という点。

こちらについてですが、正解は『手でつける』です。これには、いくつか理由もあるのです。

  • 自分の手でつけることで、肌の状態に気づくことができる
  • 敏感肌の人などは、コットンが肌に刺激となってしまう
  • 冷たいままだと浸透しにくいので、手で温めて浸透しやすくする


バルクオムの適量は、500円玉台です。

数回に分けて、つけていくことをおすすめします。


では、実際の化粧水の使い方の手順をご紹介します。

  1. 清潔な手に化粧水を取り、手の平に広げるようにして少し温める
  2. 手の平で、顔を包み込むように優しく肌に馴染ませる


おでこ・目の周り・頬・鼻周り・口周り・顎と、つけ残しがないように優しく押さえてく

  1. 数回繰り返して、肌が少しくっついてくるような状態で完了

化粧水を付ける際は、手も少し温めておくとさらに効果的です。

化粧水を使う時のの注意点

  • 洗顔後の肌を拭く時は、ゴシゴシ拭かず優しくタオルで押さえるようにする
  • 水分は、しっかり取る
  • 化粧水を付けるときは、パンパンと肌を叩かず優しく押さえるように

時々、お肌をパンパン叩くようにつける方がいますがお肌に刺激を与えるのは良くありません。あくまで優しく押さえるようにつけていきましょう。

特に、敏感肌やニキビができてる方は気を付けてください。

バルクオムの化粧水はどこが良い?

バルクオムの化粧水は、男性が嫌うベタベタ感を可能なかぎり排除しています。ベタベタ感を抑えながらも、高い保湿力を発揮できる化粧水なのです。

また、肌に刺激となる清涼成分を控えることでシェービング後でもヒリヒリしにくいです。徹底した成分へのこだわりから、肌質を問わず使用できるものとなっています。

こうして、効果や使用感まで男性の為にこだわって作られたのがバルクオムの化粧水です。

まとめ

いまや、モテる男性の要素として不可欠となった清潔感ですが、

バルクオムはそんな時代のニーズに沿って商品開発して生まれたスキンケアブランド。

肌質というのは変化するものですがバルクオムであれば肌質を問わず使えるので、買いかえる必要もありません。

ですが、間違った使い方ではせっかくの効果が台無しです。正しい使い方を知って、バルクオムの効果を最大限発揮できるようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です